ハリマ化成グループ

環境・CSR

社会

物流安全への取り組み

製品輸送時の事故防止と不測の事故発生に備え、教育・訓練を行っています。

イエローカードの提供

ハリマ化成では、販売している化学製品について、化学物質管理システムにより、このイエローカードを作成し、輸送時には運転手が常時携帯することを義務付けています。

■容器イエローカード(ラベル方式)の導入

混載便や小容量を容器輸送する場合、従来のイエローカード(A4版)を携帯することが困難なため、補填する手段として、容器・包装品につけるラベルに、国連番号および指針番号を追加表示した容器イエローカードを導入しています。

イエローカード:緊急連絡カードとも呼ばれ、化学物質の輸送時の事故に備え、輸送関係者或いは消防・警察等が事故時に取るべき措置や連絡通報内容を明記したカード(A4版、表/裏)です。
イエローカードの画像
イエローカード
転落・転倒防止対策

労働災害の原因の中で、もっとも多い転落・転倒リスクの低減を図るため、ローリー車上での作業時の転落防止対策として、安全帯のフックを掛ける親綱の設置や昇降用階段の配置、また、階段のステップにすべり止めを貼り付ける等の対策を講じています。

ローリー荷下ろし場の安全帯と煎り付けケーブルおよび安全ブロックの設置の図
ローリー荷下ろし場の安全帯と煎り付けケーブルおよび安全ブロックの設置
物流安全輸送会議

ハリマ化成は、物流業務をすべて外部運送会社に委託しています。環境に配慮した輸送と輸送保管時の物流事故(容器の変形、破損など)ゼロを目指し、物流協力会社と定期的に会議を開催し、情報提供や教育・指導を行っています。また、輸送途中の「緊急時の連絡体制」を周知徹底しています。