ハリマ化成グループ

環境・CSR

社会

保安防災への取り組み

ハリマ化成グループは、防災への対応を怠らず、日常業務の中で企業防災を心がけています。

災害から身を守るために

2011年3月に発生した東日本大震災のような大災害から身を守るためには、平時から準備や心構えを整えておかなければなりません。
ハリマ化成では、2006年から全従業員への帰宅困難者用エマージェンシーキット(防災グッズ)配布や、安否確認システムの導入などを行ってきましたが、東日本大震災の教訓を活かし、保安防災への取り組みを強化しています。

防災用の備蓄品
  • エマージェンシーキットをリュック式に変更するなど、内容の充実を図っています。
  • 備蓄品として、被災時に最低限必要となる防災用品を配備した上で、拠点ごとの事情に応じた整備を行っています。
  • 工場には緊急地震速報装置を設置するとともに、非常用発電機の設置も進めています。
通信手段の確保

災害で被災した拠点の状況を確認する通信手段として、ボイス・パケット・トランシーバー(V.P.T.)を国内17拠点に設置しました。
V.P.T.は、現在災害時通信規制の対象外であるため、災害発生直後でも通話が可能であると判断し採用しています。

災害時安否確認システム

災害発生時に従業員などの安否状況をいち早く確認できるように、2006年度から安否確認システムを導入しています。また、安否を連絡する返答訓練も不定期に繰り返し行っています。

防災訓練

防災訓練は各拠点において毎年実施しており、拠点に応じたより実践的な内容で行っています。

加古川製造所

2016年11月28日、加古川東消防署にご協力をいただき、総合防災訓練を実施しました。また、加古川警察署や水足町内会役員の方々など、地域関係者の皆様にも視察していただきました。
地震対応訓練からスタートし、通報、初期消火、警戒、漏洩対策、救出、搬出、AED操作、放水訓練を実施し、災害への備え、意識の高揚を図っています。

加古川東消防署による救出訓練の画像
加古川東消防署による救出訓練