ホーム > 企業情報 > ハリマグローバル企業行動基準


企業情報

ハリマグローバル企業行動基準

2013年11月8日 策定

前文
このグローバル企業行動基準は、ハリマ化成グループがその企業理念のもとで事業活動を行っていく上で、全ての法人及びその役員・社員が遵守する行動の基準を定めるものです。 当行動基準で「わたしたち」とは、ハリマ化成グループの全ての法人及びその役員・社員(非正規社員を含む)を指します。
わたしたちは、以下に定める基準の精神を理解し、人権を尊重し、各国の関係法規、国際ルールを遵守しつつ、持続可能な社会の創造に向けて、高い倫理観を持って社会的責任を果たしていきます。

当行動基準は、企業活動のあらゆる事態や、各国の全ての法令・規制等をカバーするものでありません。従って、当行動基準を元に、各国・地域における行動基準、ポリシー等を作成することにより補完することができます。但し、いかなる場合も、本基準に抵触する内容を定めることは出来ません。

ハリマ化成グループの全ての法人の役員は、この基準遵守の実現が自らの重要な役割であることを認識し、率先垂範の上、関係者への周知徹底と社内体制の整備を図ります。また、役員は、この基準に違反する事態が発生したときには、自らの責任で問題解決にあたると共に、原因究明、改善を図り、再発を防止します。

  1. 豊かな社会の創造を目指す研究開発
    わたしたちは、「自然の恵みをくらしに活かす」を基本姿勢とし、
    人と技術を大切にする研究開発を通じて、
    豊かな社会の創造に寄与することを目指します。
  2. 優れた商品の提供と安全性への配慮
    わたしたちは、社会にとって有益で優れた商品を生産・提供することにより
    社会に貢献すると共に、事業活動のすべての面で商品の安全性に配慮し、行動します。
  3. 適正な取引条件の遵守
    わたしたちは、その調達活動及び販売活動において、
    全ての取引先に誠意をもって接すると共に、公正かつ適正な取引条件を設定し、それを遵守します。
    健全な取引慣行を逸脱する行為、社会通念にもとる行為は行いません。
  4. 知的財産・会社資産の尊重
    わたしたちは、営業秘密を含む知的財産の重要性を認識し、
    他者の権利を尊重すると共に、自らの権利を守り、防衛します。
    また、会社資産を保全し、業務の遂行のためにのみ使用し、私用に供しません。
  5. 地球環境との共存
    わたしたちは、事業活動に必要な資源やエネルギーはもちろんのこと、
    さまざまな点でこの地球から恩恵を受けており、
    この地球環境をよりよい状態に保つために自主的、積極的な活動を行います。
  6. 公正な情報の開示
    わたしたちは、株主をはじめ広く社会とのコミュニケーションを行い、
    社会にとって有用な情報(財務情報を含む)を積極的かつ公平に開示し、
    透明性の高い開かれた企業として信頼を得るよう努力します。
    また、インサイダー取引防止に係わる規制を遵守します。
  7. 社会への貢献
    わたしたちは、事業を通じての社会貢献はもとより、
    社会を構成する良き企業市民として社会貢献活動や文化・教育活動と
    その支援を積極的に行います。
  8. 法令と企業倫理の遵守
    わたしたちは、その事業活動にあたって、全ての国の法令、
    その他の社会的規範を遵守し、公明かつ公正に行動します。
    また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つと共に、
    社会の秩序や企業の健全な活動に悪影響を与える個人・団体に関わるなど、
    社会良識に反する行為は行いません。
    わたしたちは、会社の利益又は会社における職務責任に
    相反する可能性のある個人的関与を行いません。
  9. 多様な文化、慣習の尊重
    わたしたちは、国際ビジネスの場において、
    国際ルールや現地法の遵守はもとより、多様な現地の習慣及び文化を尊重し、
    海外のグループ各法人と連携して、現地の発展に積極的に貢献します。
  10. 社員の人格・個性の尊重
    わたしたちは、社員一人ひとりの多様性、人格、個性を尊重し、
    ゆとりと豊かさを実現できる環境整備に努めます。
    また、安全で働きやすい職場環境確保に努めます。

(付則)

  1. このグローバル企業行動基準を確実に遵守するため、わたしたちは不断の努力を重ねます。わたしたちがこの基準に違反した場合は、法令、社内規程または就業規則により厳正に措置されます。
  2. このグローバル企業行動基準の改廃は、ハリマ化成グループ株式会社の取締役会の決議により行います。

ページトップへ