ホーム > 企業情報 > トップメッセージ


企業情報

トップメッセージ

自然と人が奏でる美しく豊かな未来へ
それが、私たちハリマ化成の願いです

ハリマ化成グループは植物資源「松」から得られる化学物質を、人々の生活や産業に役立つ製品にしてお届けしてまいりました。1947年の創業以来、常に新たな研究開発に挑み、独自のテクノロジーを活かした製品づくりを続けることで、パインケミカル業界のリーディングカンパニーとして高い評価をいただいています。そして、地球をひとつのフィールドと考えてグローバルネットワークを強化し、将来を見据えた幅広い事業展開を推し進めています。また、科学技術の発展を願って設立した松籟科学技術振興財団の活動を通して、科学技術の振興にも協力させていただいています。

「自然の恵みをくらしに活かす」これが私たちの基本理念です。
それは、「人と自然、そしてテクノロジーの調和」を願うものであり、豊かな社会の創造を追求するものです。私たちはこの基本理念のもとで、グループ全体の能力を結集させ、パインケミカル事業を通して、これからも人々のくらしに貢献してまいります。

画像 代表取締役社長 長谷川 吉弘
代表取締役社長
長谷川 吉弘

公益財団法人 松籟科学技術振興財団

ハリマ化成は、創業者である長谷川末吉が1982年に科学技術庁(現 文部科学省)から『科学技術功労者賞』を受賞した栄誉を機に、科学技術の振興と世界文化の発展を願って、1983年3月、財団法人松籟科学技術振興財団を設立しました。以来、科学技術に関する調査・研究・国際交流を対象に総額6億円を超える研究助成金を贈呈しています。

※松籟(しょうらい)=松の梢に吹く風。また、その音。

当財団が研究助成金を贈呈した研究者の中から、お二人がノーベル賞を受賞されています

● 野依 良治氏 第4回(1986年度)助成金贈呈 2001年ノーベル化学賞受賞
● 鈴木 章氏 第9回(1991年度)助成金贈呈 2010年ノーベル化学賞受賞

松籟科学技術振興財団

ページトップへ