ホーム > 企業情報 > 沿革


企業情報

沿革

2016年 6月 サンパイン社(スウェーデン)のトールロジン生産設備が本格稼働、年間2万トンのトールロジン生産体制へ
2015年 12月 ローター社(LAWTER)が出資したサンパイン社のトールロジン生産設備の試運転開始
2014年 12月 高砂伊保太陽光発電所が竣工(兵庫県高砂市)
11月 加古川製造所内にナノ粒子工場完成 
6月 ローター社(LAWTER)がスウェーデンにおけるトールロジン生産事業へ出資
2012年 10月 ハリマ化成グループ株式会社(持株会社)に社名変更し、新たに設立したハリマ化成株式会社が事業を継承
6月 中国上海市に哈利瑪化成管理(上海)有限公司を設立し業務開始
2011年 4月 ローター社(LAWTER)、米国シカゴに本社設立
2月 東莞市杭化哈利瑪造紙化学品有限公司操業
1月 米国化学会社モメンティブ社(Momentive Specialty Chemicals Inc.)のロジン関連事業取得(ローター社として運営)
2009年 12月 信宜日紅樹脂化工有限公司の子会社化
10月 株式会社日本フィラーメタルズの子会社化
2008年 12月 ジョージアパシフィックケミカルのロジンサイズ剤事業の譲受け(米国子会社:プラズミン)
2007年 2月 Harimatec Czech, s.r.o.設立(チェコ)
2006年 6月 ISO14001取得(茨城工場)
2005年 7月 南寧哈利瑪化工有限公司設立(中国)
3月 トール油精留後の副産品を燃料としたバイオマス発電設備(出力4000kw)稼働(加古川製造所)
2004年 6月 ISO14001取得(東京工場)
2003年 12月 Harimatec Malaysia Sdn.Bhd.設立(マレーシア)
9月 Harimatec Inc.設立(米国)
2月 杭州播磨電材技術有限公司(現 杭州哈利瑪電材技術有限公司)設立(中国)
2002年 8月 加古川製造所に電子材料製造設備完成
4月 ISO14001取得(富士工場)
2000年 6月 ISO14001取得(加古川製造所)
1999年 6月 ISO9001全社取得
1997年 11月 創立50周年
10月 杭州杭化播磨造紙化学品有限公司(現 杭州杭化哈利瑪化工有限公司)
1996年 4月 米国プラズミン・テクノロジー社に100%出資、完全子会社化
1990年 9月 東京証券取引所、大阪証券取引所市場第一部へ指定替え
4月 ハリマ化成株式会社に社名変更
3月 米国プラズミン・テクノロジー社に資本参加
1989年 3月 東京証券取引所市場第二部へ上場
1985年 11月 大阪証券取引所市場第二部へ上場
1983年 3月 松籟(しょうらい)科学技術振興財団設立
1980年 2月 Harima USA, Inc.設立(米国)
1974年 8月 Harima do Brasil Industria Quimica Ltda.設立(ブラジル)
1973年 8月 世界初の完全クロ-ズドシステムのトール油精留プラント完成
1972年 1月 播磨エムアイディ株式会社(現 ハリマエムアイディ株式会社)設立
1958年 10月 国内初のト-ル油精留プラント完成
1952年 1月 ト-ル油の試験生産開始
1947年 11月 播磨化成工業株式会社として創業(現 兵庫県加古川市)

ページトップへ