ホーム > 研究開発 > 研究開発品 > 機能性樹脂


研究開発

機能性樹脂

機能性樹脂としては長年に渡り塗料、接着、インキ用の合成樹脂を開発してまいりました。近年ではVOC削減効果が大きな水系塗料用樹脂や植物性インキ用樹脂など樹脂合成技術を活かし、さらに高機能化を目指した商品開発に取り組んでおります。また当社の基盤原料であるロジン、脂肪酸をベースとした製品との融合により特徴ある製品づくりを行っています。

塗料

画像 機能性樹脂の製品写真1

基盤技術を活かし、一般工業用から建築用、プラスチック用まで多岐にわたる塗料用合成樹脂の開発を行っています。
最近では環境問題に配慮し、有機溶剤の含有量を低くした製品や水で希釈できる製品の開発に取り組んでおります。

「ハリアクロン」:アクリル(2液形ポリオール、1液架橋、非水分散型)
「ハリフタール」:アルキド(短油、中油、長油、各変性タイプ)
「ニューマイド」:アミドアミン、変性ポリアミン(エポキシ硬化剤)
「ハリディップ」:水溶性樹脂(水溶性アルキド、アクリル変性アルキド)

インキ

画像 機能性樹脂の製品写真2

オフセットインキ用ロジン変性フェノール樹脂、特殊ロジンエステル、ワニスなどの開発を行っています。

「ハリフェノール」:ロジン変性フェノール樹脂・ワニス
「ハリエスター」:特殊変性ロジンエステル・ワニス
「ハリフタール」:アルキド(無溶剤形長油型)
「ニューマイド」:特殊グラビアインキ用熱可塑性ダイマー酸ポリアミド

特殊機能品

画像 機能性樹脂の製品写真3

バイオマス資源であるトール油脂肪酸(C18)やその誘導体であるダイマー酸(C36ジカルボン酸)の優れた柔軟性を利用し、熱硬化性樹脂や熱可塑性樹脂の改質、潤滑・切削油への応用を展開しています。
潤滑・切削油用脂肪酸エステル

・高引火点低粘度型脂肪酸エステル
ダイマー酸変性物
・ダイマー酸ポリアミド(ホットメルト接着剤、エポキシ樹脂硬化剤)
・ダイマー酸ジエステル

粘接着剤用樹脂

画像 機能性樹脂の製品写真4

感圧接着剤(粘着テープ)、ホットメルト接着剤、水系接着剤などにそれぞれの機能に適した高品質な粘着付与剤樹脂の開発を行っています。また、エマルジョンタイプの粘着付与剤樹脂においては、製造工程で全く有機溶剤を使用しない革新的な乳化技術を開発しました。

ページトップへ