ホーム > 研究開発 > 社外発表


研究開発

社外発表

1967年の中央研究所設立により研究開発体制が確立し、さらに1972年には「播磨技術ニュース」(現在は広報誌”HARIMA Quarterly”として受け継がれている)を創刊して以来、当社の研究開発、製品を認識していただけるようなりました。この他にも当社は研究開発で得られた成果を国内外の学会、講演会、専門誌などに積極的に発表をおこなってまいりました。アイザック・ニュートンの言葉に「Stand on the shoulder of giants (巨人の肩の上に立つ)」というものがあります。これは、われわれの科学的成果は先人達の業績の上に成り立っていることを示しており、研究論文では引用文献、参考文献をリストとして必ず残しています。当社でも最近おこなった研究発表、投稿論文のリストを以下の各分野における「社外発表」に掲載しており、当社の研究開発活動の成果ならびに当社の技術を知っていただくこととともに、さらなる科学の発展にお役に立てるものと信じております。なお、HARIMA Quarterlyに掲載されている論文はウェブにてダウンロードすることが可能です。

ページトップへ