ホーム > パインケミカル > 松は化学工場


パインケミカル

松は化学工場

松の木は太陽エネルギーと大気中の炭酸ガスによって光合成をおこし、私たちには欠かせない酸素を放出してくれます。また、根から水や養分を吸収して、繊維質であるセルロースや化学物質を合成しながら成長します。まさに、松は自然の化学工場ともいえます。しかも、太陽と水がある限り松は成長し、伐採されても植林によって半永久的に枯渇することのない、再生が可能なリニューアブル資源です。ハリマ化成は「自然の恵みをくらしに活かす」を基本理念とし、創業当時から松にこだわり、松由来の物質を原料とするパインケミカル事業を行ってきました。自然が育む松から得られるリニューアブル資源を有効活用し、人々のくらしに貢献しています。

画像 松は再生できる「renewable」資源の解説イラスト

ページトップへ