ホーム > パインケミカル > 日本の用途別ロジン消費量


パインケミカル

日本の用途別ロジン消費量

2016年における日本国内のロジン消費量は約68.9千トン/年であり、用途別では紙のにじみ止め 21.7千トン(31.5%)、印刷インキ 21.0千トン(30.5%)、合成ゴム 14.1千トン(20.5%)、接着剤 10.1千トン(14.7%)、塗料 1.5千トン(2.2%)、はんだその他 0.5千トン(0.7%)となっています。

日本国内の用途別ロジン消費量(2016年)

画像 日本の用途別ロジン消費量のグラフ
(ハリマ化成グループ株式会社 推定)

ページトップへ