ホーム > ニュースリリース > FDAの認証を取得したポリアクリルアミド系乾燥紙力増強剤の販売開始について


ニュースリリース

FDAの認証を取得したポリアクリルアミド系乾燥紙力増強剤の販売開始について

ニュースリリース 2016年02月10日発表

PDFダウンロード

 世界各国では食品包装材料に関する規制を行っており、食品包装材料である紙に使用される製紙用薬品も規制を受けています。安全基準はそれぞれの国で異なりますが、米国のFDA(Food and Drug Administration、米国食品医薬品局)の厳しい安全基準は世界標準と見なされています。日本国内で生産され、海外へ輸出される紙には、FDAの認証を取得した製紙用薬品を使用することが要求されます。また米国で販売される製紙用薬品は、FDA認証取得品であることが必須となっています。
 この様な環境の中で、ハリマ化成グループを構成するハリマ化成株式会社(本店 兵庫県加古川市)およびプラズミン・テクノロジー社(Plasmine Technology, Inc. 本社:米国フロリダ州ペンサコーラ)は、間接食品添加物としてFDAの認証を取得した、ポリアクリルアミド系乾燥紙力増強剤(PAM系紙力増強剤)の販売を開始します。FDAの規制要件を満たした製紙用薬品として、高分子量且つ両イオン性を有するPAM系紙力増強剤は世界初であり、同製紙用薬品の販売は国内でも初めてとなります。

 PAM系紙力増強剤は、パルプを抄紙する工程において、段ボールの素材となる板紙や印刷用紙に必要となる乾燥紙力強度を向上させる薬品(パルプ繊維間の結合点を増やして紙の強度を向上させる薬品)です。強度が得られ難い古紙の利用率が高まる中、ハリマ化成株式会社では、日本をはじめ、中国や東南アジアでPAM系紙力増強剤を販売しており、様々な使用条件下で効果を発揮させるため、高分子量化、カチオン基やアニオン基の最適配置といった技術導入を進めています。
 一方、米国内で販売される紙製品のうち、食品などに直接触れる食品包装用紙に使用されるPAM系紙力増強剤は、間接食品添加物としてFDAの認証を取得する必要があります。これにはFDAが定めた条件のもとでPAM系紙力増強剤の化学物質としての安全性を自ら証明しなければなりません。そこで、ハリマ化成株式会社は2012年からプラズミン・テクノロジー社との共同開発に着手し、この度、FDAの規制要件を満たすPAM系紙力増強剤(新規PAM系紙力増強剤)を開発し、FCN(Food Contact Notification、食品接触物質届出制度)に新規登録されました。
 開発した新規PAM系紙力増強剤は、ハリマ化成株式会社が保有する水系高分子の重合技術により、FDAの規制要件を満たした化学物質としての安全性と、乾燥紙力増強剤としての優れた品質、機能を両立できるものです。
ハリマ化成グループ株式会社では、新たにFDAの認証を取得したPAM系紙力増強剤は、「Harmide(ハーマイド) KSシリーズ」として、既にFDAの認証を取得しているロジン系サイズ剤(水性インクの滲み止めで使用される薬品)と併せて、米国を中心とした海外市場への販売とともに、日本国内市場に投入し、グローバルに販売を拡大して参ります。
またハリマ化成グループ株式会社は、製紙用薬品のグローバル展開を加速させるため、FDAに類する世界各国の法規制への対応を進めています。


1.製品の特長
  1)FDA(Food and Drug Administration、米国食品医薬品局)の認証取得した安全性
  2)間接食品添加物としてFCN(Food Contact Notification、食品接触物質届出制度)に登録済み
  3)優れた乾燥紙力強度を発揮
  4)優れた品質安定性

2.用 途
  FDA認証を得た薬品を必要とする食品包装用紙の抄紙工程(国内)

3.販売計画
  初年度販売目標(2016年度) 10億円
  3年後販売目標(2019年度) 30億円

以上  

FDA_PAM.JPG

PAM系紙力増強剤「Harmide(ハーマイド) KSシリーズ」の食品包装関連紙製品の展開イメージ


[参考資料]

PAM  ポリアクリルアミド (polyacrylamide)
水溶性合成樹脂の一種。主に製紙用の乾燥紙力増強剤、原油の三次回収助剤、廃水処理用の凝集剤、濾水剤として用いられる他、繊維助剤、洗濯糊、接着剤(合成糊)、塗料などにも広く用いられる。

プラズミン・テクノロジー社(Plasmine Technology, Inc.)
1990年3月、Harima USA, Inc.(ハリマ化成グループ子会社)が出資し設立した製紙用薬品メーカー。1996年4月に完全子会社化。2008年12月、ジョージアパシフィックケミカル社から製紙用ロジンサイズ剤事業を買収し業容拡大。
本社:ペンサコーラ(米国フロリダ州)、製造拠点:ポートランド工場(米国メイン州)、ベイミネット工場(米国アラバマ州)


本件に関するお問い合わせ

ページトップへ