ホーム > 伝説のテクノロジー > No.28 「ちゃん塗り」の技術


伝説のテクノロジー

伝説のテクノロジー

伝説のテクノロジー28

伝説のテクノロジー 出雲大社「平成の大遷宮」で約120年ぶりに復活した「ちゃん塗り」の技術

2度のオイルショックの直後、日本ではバイオマスの研究開発が活況を呈した。だがその後、原油価格が下がると、研究の熱は一気に冷め、バイオマス氷河期の時代が続いた。それでも森川康さんは「将来の資源はバイオマスしかない」と確信し、ひたすら研究に打ち込んだ。そして約30年を経た今、バイオマスは再び脚光を浴びるようになっている。バイオマスの可能性を信じて走り続けてきた森川さんに、ようやく時代が追いついてきたようである。

不慮の火事で資料を焼失

古文書に記されていたちゃん塗りの伝統

赤外線分析で松やに成分を検出

赤外線分析で松やに成分を検出

神は細部に宿る

PDFダウンロード

(739K)

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。

get Adobe Reader
ここからAdobe Readerをダウンロードできます。

ページトップへ