ホーム > 環境・CSR > バイオマス発電システム


環境・CSR

バイオマス発電システム

環境への取り組みも
ハリマ化成の使命です

バイオマス発電は「松から抽出された粗トール油を精留した後の排出油を燃料としたバイオマス発電事業」として、経済産業省の2003年度「新エネルギー事業者支援対策事業」に認定され、2005年3月に完成した設備です。
この設備で発生させる蒸気と電力は、加古川サイトで使用するすべての蒸気と電力を賄い、余剰電力は電力会社に供給しています。ハリマ化成グループではバイオマス燃料を使用することで、年間3万トンの二酸化炭素の排出を削減することになります。

画像 バイオマス発電設備全景及び蒸気タービン発電機の写真

画像  バイオマス発電システムの説明図

主要設備仕様

主要機器

ボイラー 燃料 トール油副産品(バイオマス燃料)
発熱量:約36,000kJ/kg
形式 自然循環式二胴水管ボイラー
蒸発量 30,000kg/h
蒸気条件 5.1MPa/355℃
タービン 形式 8段衝動抽気復水式
出力 4,000kW
蒸気条件 5.0MPa/350℃
発電機 形式 三相交流同期発電機
容量 4,444kVA
電圧 6,600V
力率 90%

環境保全対策設備

集塵装置 形式 電気式(乾式)
脱硫装置 形式 湿式(水酸化マグネシウム法)
脱硝対策 形式 低NOxバーナー

ページトップへ