ホーム > 次代への羅針盤 > No.14 酒井清孝


次代への羅針盤

次代への羅針盤

次代への羅針盤 14

人体は小さな化学プラント - 酒井清孝 Kiyotaka Sakai 早稲田大学 名誉教授 公益財団法人 松籟科学技術振興財団理事 化学工学の専門家として長く人工臓器の研究に取り組んだ酒井清孝氏。「化学工学と人工臓器は関係ない」という批判にさらされても、決して研究をやめなかった。「信念と使命感があったから続けられた」という酒井氏は当時を振り返り、「研究者として私の道は間違っていなかった」と述懐する。

化学工学を学ぶ そんな研究はやめなさい

やめないでよかった

研究者の作法

知力を鍛え、信念を持ち、これだというテーマを見つけたら何度失敗しても諦めずに必死で食らいつく。勉強と研究は全く逆の行為

PDFダウンロード

(1,458K)

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。

get Adobe Reader
ここからAdobe Readerをダウンロードできます。

ページトップへ