ホーム > 次代への羅針盤 > No.9 野依良治[後編]


次代への羅針盤

次代への羅針盤

次代への羅針盤 9

研究者はもっと広く世界を見て欲しい ― 野依良治[後編] Ryoji Noyori 国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター センター長 若い頃から、基礎研究をしながらも常に社会に目を向けていたという野依良治氏。今は第一線の研究活動の経験を踏まえながら、日本の科学技術のあり方についてさまざまな提言を発している。前号では科学技術創造立国日本のあるべき姿について語ったその野依氏が、今号では若い研究者に対して期待すること、求めるものなどを提起した。

科学とは真理の追究である

「虫の目」と「鳥の目」の両方が必要 機能するものは美しい

このままでは日本が沈んでしまう

何が正義なのか

PDFダウンロード

(1,215K)

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。

get Adobe Reader
ここからAdobe Readerをダウンロードできます。

ページトップへ