ホーム > 次代への羅針盤 > No.3 住田裕子


次代への羅針盤

次代への羅針盤

次代への羅針盤 3

安全で安心して暮らすための長寿社会づくりを ― 住田裕子 Hiroko Sumita 弁護士/NPO法人長寿安心会代表理事 公益財団法人 松籟化学技術振興財団監事  検事を経て弁護士になり、テレビ出演もこなす八面六臂の活躍ぶり。その間、結婚し、子育てもしてきた。圧倒的な男性社会の法曹界で、逆風にさらされながらも男女共同参画事業などで確かな実績を上げてきた。そして今。超高齢社会の日本で、高齢者や女性が生き生きと活躍し、安心して暮らしていける社会システムづくりに邁進する。

女性の活躍度、先進国では日本は低位

女性の意欲・能力の多くは閉じ込められている

日本の政策課題は女性と高齢者の活躍

身体能力の衰えを防止し、しっかりとしたライフプランを立て、できるだけ人と交わり、笑い合おう。新しい社会づくりをライフワークに科学技術のさらなる発展を願い

PDFダウンロード

(4,225K)

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。

get Adobe Reader
ここからAdobe Readerをダウンロードできます。

ページトップへ